iamlynncasper

洗濯機のメンテナンスの頻度はどれくらいのスパン?

洗濯したばかりの洗濯物から悪臭が漂うといった問題は、洗濯物を家の中に干す場合に気づきやすいのですが、通常のように外に干す場合には、洗濯物から悪臭が漂っていたとしても気づくことはないでしょうね。とくに、梅雨時の季節になると雨が降り続くために、どうしても家の中に洗濯物を干すということにもなってしまいます。しかも洗剤の臭いならまだ我慢できるのですが、悪臭ともなると「おかしいな?」という思いも湧いてくるでしょうね。

そこで、洗濯したばかりの洗濯物から匂う悪臭について調べてみたところ、やはり似たような苦情は数多くの方々からネット上のブログなどにも投稿されていますね。結局、洗濯物の悪臭の原因というのは、洗濯槽内に生息している雑菌なのだそうですね。とりわけ夜洗濯機に入れて洗濯をした後、朝までそのままの状態にしておくことが多いと、洗濯し終わった洗濯物にも洗濯機の雑菌が付着してしまうようですね。そうした場合には、例えテレビで宣伝をしているような有名な洗剤を使ったとしても、雑菌の影響で洗濯物に悪臭が染み付いてしまうようなのです。従って、そうした雑菌の繁殖を防ぐことが悪臭を根絶することにも繋がるようなのです。そのためには、まずは洗濯が終わったらそのまま一晩放置しないですぐに取り出すことが大切です。

製品情報 | 埋設配管関連 | 止水栓類

その次には、洗濯機内の雑菌を根絶するための定期的なメンテナンスが必要でしょうね。このメンテナンスという表現は、通常の場合には機械や設備が故障しないように給油を行ったり、ビスの緩みがないかどうかなど定期点検を行うことをいいます。ところが洗濯機のメンテナンスという表現に関しては、洗濯槽内を洗浄したり除菌を行う市販の専用クリーナーで定期的に洗浄するというメンテナンスのことをいいます。さらに、排水管を洗浄するというメンテナンスも必要でしょうね。ちなみに、洗濯機のメンテナンスの頻度は1~2週間おきが理想でしょうね。