iamlynncasper

キッチンの排水口が詰まって嫌な臭いが漂ってる

キッチンは食材や調味料など、さまざまな臭いのもとがあります。つまりその排水口には多くの臭いの元が流れ込んでいるのです。
そうした事情を鑑みれば、キッチンの排水口から臭気が漂ってくるのはある意味仕方ないことなのかも知れません。

悪臭がする排水管の清掃 – 船橋の水漏れ修理110番

しかしそうはいっても、臭気が漂うキッチンで自分が食べる料理をつくるところは想像したくありません。やはりキッチンの排水口の臭気は防がなければならないものなのです。
排水口はシンクの下にありますが、その部分の排水管はS字型になっているものがあります。このS字部分には水が常にたまっている状態になっており、実はこれが「フタ」の役割をしているのです。この水を封水といいます。まさに臭いを「封」じる「水」というわけですね。通常であればこの封水によって臭いはせき止められるのですが、なにかの都合で封水が抜けてしまっているか、水位が足りずフタの役割を果たしていない場合があります。これが臭いの原因「封水切れ」です。対処方法は簡単で、水を流し込むことです。

実際、この対処法でキッチンの排水口の臭い問題の大半は解決するように思います。つまりキッチンの臭いの原因の多くは封水切れであり、これが頻発するようであれば「なぜ封水切れが起きるか」を付きとめることが重要なのです。特に排水管の経年劣化やアタッチメントの不具合による水漏れは疑っておくべきでしょう。

封水切れでなくとも、排水口とホースの間に隙間があいていて、直接排水管の臭いが漂ってくることもあります。この場合、排水口からではなく、キッチン全体は匂って来ることが多いと言えるでしょう。この症状が出る場合、隙間を水テープやパテなどで埋めるなどの処理で対応が可能です。
もちろん専用洗剤や重曹などを使って排水管を掃除することは効果的です。キッチンはとかく臭気の元が多く存在する場所ですから、排水口だけが原因と考えずに掃除はこまめにしておくと良いでしょう。